スポンサーリンク

「バレー」と「ビーチバレー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「バレー」と「ビーチバレー」の違いとは?違い
スポンサーリンク

「バレー」「ビーチバレー」は、何がどのように異なるのか。

この記事では、「バレー」「ビーチバレー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バレー」とは?

「バレー」は1895年にアメリカで誕生した歴史あるスポーツです。

バレーコートの大きさは9m×18m。

コートの中には、センターラインとアタックラインがあり、アタックラインはセンターラインから3m離れた場所にあります。

「バレー」の人数は6人。

試合中にはローテーションが行われ決められた回数、選手交代が認められています。

25点先取で1試合5セットマッチが基本。

先に3セットとったチームの勝利となります。

また、コートチェンジはセットごとに行われます。

「ビーチバレー」とは?

「ビーチバレー」の誕生は1920年ごろです。

「バレー」から派生したスポーツでハワイの海岸が発祥と言われています。

ビーチバレーコートの大きさは8m×16m。

コートの中にラインは存在しません。

「ビーチバレー」の人数は2人。

ローテーションはありません。

「ビーチバレー」の場合、控え選手がいないため選手交代といったこともありません。

「ビーチバレー」は1試合3セットマッチとなります。

1セット目と2セット目は21点先取。

3セット目は15点先取と点数配分が異なります。

また、屋外で行われる「ビーチバレー」の場合、公平さを保つため頻度にコートチェンジが行われます。

「バレー」と「ビーチバレー」の違い

同じ「バレーボール」という競技でも、場所や選手の人数が異なる「バレー」「ビーチバレー」

「バレー」は6人。

「ビーチバレー」は2人。

セット数も5セットと3セット。

「バレー」は選手交代が可能ですが、「ビーチバレー」には控え選手がいないため選手交代はありません。

このように、人数など色々と異なる「バレー」「ビーチバレー」になります。

まとめ

以上のように同じ「バレー」でも、人数やセット数などが異なる「バレー」「ビーチバレー」になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典