スポンサーリンク

「マネジメント」と「コンサルティング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マネジメント」と「コンサルティング」の違いとは?違い
スポンサーリンク

企業の短期、長期計画に基づく経営の様々な課題や方策に関して専門的な立場からアドバイスや提案を行うことをマネジメントコンサルティングと言い、最近では多くの場面で活用されています。

この記事では、「マネジメント」「コンサルティング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マネジメント」とは?

「マネジメント」とは英語の「management」をカタカナ表記したものですが、広義では「管理」「管理すること」という意味です。

しかし、多く使用されるのは「企業の資産や経営の管理」というニュアンスです。

「コンサルティング」とは?

「コンサルティング」とは、英語の「consulting」をカタカナ表記したもので、「専門的な知識をベースに適切な提案を行う」ことを言います。

そして、それを行う人をコンサルタント」と呼びます。

世の中には「人材コンサルタント」「経営コンサルタント」「財務コンサルタント」「ITコンサルタント」など、公式、非公式に沢山の「コンサルタント」が溢れています。

「マネジメント」と「コンサルティング」の違い

「マネジメント」「コンサルティング」の違いを、分かりやすく解説します。

ここでは起業活動に関連したワードとして扱います。

この2つは前述のようにそもそも違う意味の言葉です。

「マネジメント」「企業の管理を行うこと」で、「コンサルティング」「専門的な知識をベースに提案すること」という違いです。

つまり「企業の管理に関する専門的な提案」が、序文でも紹介した「マネジメントコンサルティング」というものなのです。

まとめ

ここまで「マネジメント」「コンサルティング」の違いに関して説明してきました。

今後もマネジメントコンサルティングは、企業の経営にとって無くてはならないこととして行われていくでしょう。

しかし、実際に経営の責任を持っているのは経営者なので、最終的な判断を下し、その結果を受け止めるのも経営者の大きな役割なのです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典