スポンサーリンク

「生ビール」と「瓶ビール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「生ビール」と「瓶ビール」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「生ビール」「瓶ビール」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

生ビールとは?

加熱処理していないビールのことをいいます。

ビールは酒の一種で、大麦を発芽させた麦芽をビール酵母によって発酵させて作る飲み物です。

日本でビールが本格的に作られるようになったのは、明治時代の頃になります。

生ビールは居酒屋など飲食店で幅広く提供されており、ドラフトビールということもあります。

日本のビールは加熱処理をしない生ビールが主流です。

加熱処理は行うのは酵母の活動を止めるために行います。

ビールに酵母が残っていると発酵が続いて品質に変化が生まれてしまいます。

ビールの品質を一定に保ち保存性を高めるために行う加熱処理ですが、生ビールの場合には最新のろ過技術を使って酵母を取り除きます。

そのため加熱処理しなくても、品質を保つことができるのです。

瓶ビールとは?

その名の通り瓶に充填されているビールのことをいいます。

日本でビールメーカーが製造しているビールはほとんどが生ビールなので、瓶ビールの中身も生ビールになります。

加熱処理をせずに、ろ過機を使って酵母を取り除いています。

ただし、地ビールなど加熱処理を行っている瓶ビールもあります。

また、昔は家庭でも瓶ビールが飲まれていましたが、現在は手軽に容器が廃棄できる缶ビールが主流となっています。

缶ビールの中身も生ビールであることが多いです。

生ビールと瓶ビールの違い

生ビールは加熱処理をしていないビールのことをいうので、瓶ビールの中身のほとんどは生ビールになります。

そのため大きな違いはありません。

居酒屋などではジョッキやグラスで提供されるのが生ビールで、瓶で提供されるのが瓶ビールと認識している人もいます。

しかし、瓶ビールの中身が生ビールということも多いです。

まとめ

生ビールは加熱処理をしていないビールことをいいます。

瓶ビールは瓶に入っているビールのことをいうので、中身は生ビールということが多いです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典