スポンサーリンク

「教訓」と「課題」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「教訓」と「課題」の違いとは?違い

この記事では、「教訓」「課題」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教訓」とは?

「教訓」「きょうくん」と読みます。

意味は「人を導く為の事柄を説いてさとすこと、またはその言葉」です。

人生や、道徳的に必要なことなどを、たとえやことわざなどを使って人に伝えることです。

「教訓」の言葉の使い方

「教訓」は名詞として「教訓を与える」「教訓を垂れる」「教訓とする」などと使われます。

「教」「おしえる」と読み、「筋道を正してさとす」という意味、「訓」「おしえ導く」という意味です。

「筋道を正して教え導くこと」という意味で使われています。

「課題」とは?

「課題」「かだい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人から与えられる題目や主題」という意味で、試験や考査などの目的で、提出することを前提にした、人に与えるやるべき題目のことです。

2つ目は「解決しなければならない問題」という意味で、今後果たすことを前提とした事柄です。

「課題」の言葉の使い方

「課題」は名詞として「課題が出る」「課題ができる」「課題とする」「研究課題」などと使われます。

「課」「義務として割り当てる」という意味、「題」「解決を求められている事柄」という意味です。

「解決することを義務として割り当てられている事柄」という意味で使われています。

「教訓」と「課題」の違い

「教訓」「人を導く為の事柄を説いてさとすこと」という意味です。

「課題」「解決しなければならないとして与えられた問題」という意味です。

「教訓」の例文

「教訓」の例文は以下の通りです。

・『恩師から教訓を受ける』
・『会社の前方に社の教訓が掲示されている』
・『上司は酒に酔うと教訓を垂れる』
・『ことわざには教訓の意味が込められている』

「課題」の例文

「課題」の例文は以下の通りです。

・『当面の課題は職場の感染症対策だ』
・『夏休み向けに数学の課題が出される』
・『課題図書を読んで感想文を書く』
・『この件については次回までの課題とする』

まとめ

今回は「教訓」「課題」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典