スポンサーリンク

「優遇」と「厚遇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「優遇」と「厚遇」の違いとは?違い

この記事では、「優遇」「厚遇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優遇」とは?

「優遇」「ゆうぐう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「非常に丁寧にもてなすこと」という意味で、特定の人や物に対し親切かつ丁寧に接することです。

2つ目は「優先的に扱うこと」という意味で、他の人や物よりさしおいて取り扱うことです。

「優遇」の言葉の使い方

「優遇」はめいしとして「優遇する・した」「優遇される・された」「優遇措置」などと使われます。

「優」「すぐれる・やさしい」とも読み、「扱い方やもてなし方が親切・丁寧である」という意味、「遇」「ある態度で人と接する」「もてなす」という意味です。

「他よりも扱い方やもてなし方が親切・丁寧であること」という意味で使われます。

「厚遇」とは?

「厚遇」「こうぐう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「非常に丁寧にもてなすこと」という意味で、手厚くもてなしてくれることです。

2つ目は「条件面で十分な扱いをすること」という意味で、地位や給料などをその人にとって十分な程度にすることです。

「厚遇」の言葉の使い方

「厚遇」は名詞として「厚遇する・した」「厚遇を受ける・受けた」「厚遇される・された」などと使われます。

「厚」「あつい」とも読み「心がこもっていること」という意味、「遇」「ある態度で人と接する」「もてなす」という意味です。

「心がこもった態度で人をもてなすこと」という意味で使われています。

「優遇」と「厚遇」の違い

「優遇」「親切で丁寧なもてなし」「他よりも先んじて良い扱いをすること」という意味です。

「厚遇」「親切で丁寧なもてなし」「条件面で十分な扱いをすること」という意味です。

「優遇」の例文

「優遇」の例文は以下の通りです。

・『未経験でもOKですが、経験者は優遇します』
・『職場で資格取得者は優遇される』
・『身内ばかり優遇する商売は成り立たない』
・『日本の企業は英語が話せるだけで優遇される』

「厚遇」の例文

「厚遇」の例文は以下の通りです。

・『スキルがあるので厚遇されている』
・『営業は拘束時間が長い分、給与面で厚遇される』
・『今の会社では福利厚生面で厚遇されている』
・『ヘッドハンティングで採用されたので厚遇されている』

まとめ

今回は「優遇」「厚遇」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典