スポンサーリンク

「マーベル」と「DC」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「マーベル」と「DC」の違いとは?違い

この記事では、「マーベル」「DC」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「マーベル」とは?

「マーベル」とはアメリカのニューヨークにある漫画出版社です。

1939年に起業した会社ですが現在はディズニー社に買収されウォルト・ディズニー・カンパニーの参加になっています。

アメリカはもちろん日本でも高い知名度を持つ漫画の出版会社であり、スパイダーマンやアイアンマンやキャプテン・アメリカなどは「マーベル」から出版された漫画のキャラクターです。

東映や円谷プロやカプコンなどとコラボして作品を作ったりキャラを登場させたりなど、日本の企業ともある程度仕事上のつながりがあります。

「DC」とは?

「DC」とはアメリカのカリフォルニアにある漫画出版会社です。

1934年に設立された会社でアメリカでは「マーベル」と並んで国内最大の漫画出版社ですが、現在はワーナー・ブラザーズという複合企業の子会社になっています。

日本でも知名度の高い作品としてはスーパーマンやバットマン、スーパーウーマンが日本でも通じる代表作と言えます。

また「DC」はスーパーヒーローが特徴的なだけではなく、敵であるヴィランもそういった素晴らしいヒーローの相手にふさわしいスーパーヴィランとして有名なキャラがいるのも特徴です。

「マーベル」と「DC」の違い

「マーベル」「DC」の違いを、分かりやすく解説します。

アベンジャーズやX-メンを擁するアメリカの出版社が「マーベル」で、スーパーマンやバットマンを擁するアメリカの出版社が「DC」です。

「マーベル」は日本の企業ともコラボや提携することが度々ありますが、「DC」はそういったことは特にありません。

まとめ

どちらも漫画を出版するアメリカの会社であり、アメリカではツートップとして扱われる企業です。

ただし日本では「マーベル」の方が企業展開的に距離が近いため知名度が高く、「DC」も日本で知名度の高い作品はいくつかあるものの「マーベル」に比べると数で劣ります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典