スポンサーリンク

「アートナイフ」と「デザインナイフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アートナイフ」と「デザインナイフ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「アートナイフ」「デザインナイフ」の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アートナイフ」とは?意味

細かいものに対応するペンタイプのナイフが「アートナイフ」と呼び、刃先の角度は32. 8°になっていて、持ち手に再生可能なプラスチック材を使ったものが多く出回っています。

細密カットであれば刃先もぐらつくことなく、より作業しやすいのが魅力的です。

ペンのように持ちやすいため、長時間握っていても指が疲れにくいナイフになります。

簡単に口金をゆるめて替えられる替え刃が安価で売っているで、交換すればまた使えるところもエコであり、長く使うほど自分の手に馴染んでくるわけです。

角度のある刃先で細かい部分にまで切り込めるこのナイフは右利き、左利きにも対応できます。

「デザインナイフ」とは?意味

デザイン作業するとき使えるのが「デザインナイフ」であり、ペーパークラフトでもかなり細かい部分にいたるまでカッティングできますし、小さな切り絵でも細かく切れる工作用のナイフです。

かなり刃先が鋭いため、細かな作業でも負担なく切り込みができます。

通常のカッタータイプとペンタイプのホルダーがあり、刃は曲線刃とのこ刃、平刃の3種類から作業によって選べるので、理想的な作業ができるのも魅力的なところです。

交換できる刃は替刃式であり、いろいろな形状の刃をひとつの柄に付け替えて使えるものもあります。

「アートナイフ」と「デザインナイフ」の違い

持ち手が太く作られているため、力を入れられやすいのが「アートナイフ」の魅力です。

しっかり固定されている刃先はぐらぐらせず、固定されているものと、持ち手が丸みがあるので手に馴染みやすいので順調に作業ができます。

刃先の角度が数種類揃いますので、自分が表現したいと思うものを選べば、よりいいものが生み出せるでしょう。

主に、デザインワークや手芸に使えば理想的な作業ができるでしょう。

もう一方の「デザインナイフ」は薄い刃になっているため、切れ味が良いのが選ばれるところです。

プラモデルやペパークラフトをカットするときに使えるナイフとして選ばれているという違いがあります。

まとめ

どちらも細かい作業に適したナイフであり、カッターよりも使いやすいのが魅力的です。

作業内容により使い分ければ負担なく素晴らしい作品が作れるでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典