スポンサーリンク

「スマートシティ」と「スーパーシティ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「スマートシティ」と「スーパーシティ」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク

新時代のあるべき都市を表す言葉として「スマートシティ」「スーパーシティ」がありますが、どんな違いで使い分けられているのでしょうか。

今回は、「スマートシティ」「スーパーシティ」の違いを解説します。

スポンサーリンク

「スマートシティ」とは?

「スマートシティ」とは、「ICT技術を活用して諸問題の解決をめざす暮らしやすい都市」のことです。

「スマートシティ」の使い方

「スマートシティ」とは簡単に言うと「ICT技術による最適化を目指す都市」です。

人が暮らす舞台となるとしては様々なものに気づかず癒されますが必ずしも最適化が達成されていません。

スマートフォンやパソコンなど高度な情報技術を活用し限られたリソースを都市住民の間で最適に配分する最適化を目指す都市が「スマートシティ」であり、極限まで効率を追求した快適で無駄のない生活が実現する未来の都市を意味する言葉です。

「スーパーシティ」とは?

「スーパーシティ」とは、「都市の抱える諸問題を最新技術の投入により解決し社会全体の向上を目指す未来型都市」のことです。

「スーパーシティ」の使い方

技術の発展は人間に多くの幸福をもたらします。

最新技術によって可能になった様々な活動を積極的に取り入れ住みやすく誰もが安心して生活できる新時代の理想的な都市が「スーパーシティ」です。

ビッグデータを活用したマネジメントや高効率エネルギーの導入など快適さだけでなく将来に向けた持続可能性も重視しています。

「スマートシティ」と「スーパーシティ」の違い

情報技術を中心に諸問題を解決する未来型都市を「スマートシティ」、情報技術を含む先端技術を積極的に導入し住み良い社会づくりを目指す大型の未来都市が「スーパーシティ」という違いで区別されます。

一般的に「スマートシティ」は最適化が実現された地方都市の理想系として語られ、「スーパーシティ」は現在進行形で抱えている都市の諸問題を解決した末に達成される東京など大都市の理想的な姿として語られます。

まとめ

「スマートシティ」「スーパーシティ」はどちらも理想的な都市の姿でありまだ現実に達成されているわけではありません。

各自治体の都市計画などによく使われる言葉なので興味のある方はチェックしてみてください。

新語・ネット語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典