スポンサーリンク

「ギラ・ドーガ」と「ヤクト・ドーガ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ギラ・ドーガ」と「ヤクト・ドーガ」の違いアニメ・マンガ
スポンサーリンク

この記事では、【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア】に出てくる「ギラ・ドーガ」「ヤクト・ドーガ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギラ・ドーガ」とは?

「ギラ・ドーガ」とはネオ・ジオン軍の主力量産機にあたるモビルスーツです。

旧ジオン軍のザクⅡと同じコンセプトで開発された機体であり、武装などを必要に応じて交換することで様々な任務への高い汎用性を持っています。

設計時期が古いので逆襲のシャアの時代では既に旧式の機体でしたが、時系列が後の作品では「ギラ・ドーガ」を基に様々なモビルスーツも開発されています。

「ヤクト・ドーガ」とは?

「ヤクト・ドーガ」はニュータイプや強化人間用の機体として開発されたネオ・ジオン軍のモビルスーツです。

ネオ・ジオン軍はニュータイプ能力の軍事的価値に着目しており、「ギラ・ドーガ」をベースとしてニュータイプ能力を活かす機体として開発されたのが「ヤクト・ドーガ」になります。

サイコミュ機器を搭載している以外にも大出力のジェネレーターを搭載していたり、装甲材質がチタン合金セラミック複合材からガンダリウム合金に変更しているなどの改良が施されているのも特徴です。

「ギラ・ドーガ」と「ヤクト・ドーガ」の違い

「ギラ・ドーガ」「ヤクト・ドーガ」の違いを、分かりやすく解説します。

逆襲のシャアにおけるネオ・ジオン軍の主力量産機が「ギラ・ドーガ」で、それをベースにニュータイプや強化人間用として開発された機体が「ヤクト・ドーガ」です。

「ギラ・ドーガ」より「ヤクト・ドーガ」の方がジェネレーター出力が大きく、装甲も「ギラ・ドーガ」はチタン合金で「ヤクト・ドーガ」はガンダリウム合金と言う違いがあります。

まとめ

ネオ・ジオン軍が資金難の中工面した量産機が「ギラ・ドーガ」で、それを元にニュータイプ用の改造を施したものが「ヤクト・ドーガ」になります。

ただし「ギラ・ドーガ」はネオ・ジオンが用意できる量産機として重宝されましたが、「ヤクト・ドーガ」は肝心のシャアにとっては性能不足だったため試作された2機しか作られていません。

アニメ・マンガ
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典