スポンサーリンク

「もやし」と「豆苗」と「かいわれ大根」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「もやし」と「豆苗」と「かいわれ大根」の違い食べ物

この記事では、「もやし」「豆苗」「かいわれ大根」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「もやし」とは?

穀物や豆類の種子に光を当てずに発芽させたものです。

食用にされています。

使用される種子はさまざまで、緑豆、黒豆、大豆が主に使用されています。

使用される種子によって呼び名が変わり、緑豆の場合は「緑豆もやし」、黒豆の場合は「ブラックマッペ」、大豆の場合は「大豆もやし」と呼ばれます。

製造方法を簡単に説明します。

一般的には植物を栽培するには土が必要とされますが、これを栽培するために土は必要ありません。

用意するものは水だけです。

光の当たらない場所でたっぷりと水をかけて生長させます。

工場ではコンピューターが管理して水をかけています。

8日ほど生長させたら、洗浄をして、計量をして袋詰めして、出荷されます。

料理としては、ナムル、野菜炒め、和え物、ビーフンなどにされています。

「もやし」の例文

・『もやしがスーパーで安かった』
・『もやしばかり食べている』

「豆苗」とは?

えんどう豆の若い葉と茎を食べる食品です。

緑黄色野菜に分類されます。

えんどう豆にはいくつかの種類があり、さやを食べるものはスナップエンドウ、さやえんどう、未熟な果実を食べるのはグリンピース、和菓子などに使用される完熟した豆は赤エンドウや青エンドウです。

この食品は水耕栽培されています。

栽培する際には光を当てます。

栄養素としては、βカロテン、葉酸、ビタミンCを多く含んでいます。

食べる部分は葉と茎で、販売されているものには種が付着していますが、この部分は取り除きます。

種の部分を水に浸しておくと、新しい芽が出てきて食べることができます。

料理としては、ナムルや野菜炒めなどにされます。

「豆苗」の例文

・『豆苗を使った料理』
・『豆苗が好き』

「かいわれ大根」とは

大根の種子を発芽させて双葉が出たものです。

食用にされています。

これは水耕栽培されます。

種子を撒く台の上に種子を広げ、水やりをして育てます。

光は当てます。

化学肥料を使わずに栽培することが可能です。

栄養素としては、βカロテンやビタミンCを含んでいます。

緑黄色野菜に分類されます。

これをメインに食べるよりも、添え物のようにして食べられることが多いです。

ラーメン、スープ、肉のソテーの大根おろしなどの上にのせられます。

「かいわれ大根」の例文

・『かいわれ大根を栽培する』
・『かいわれ大根を2パック購入する』

「もやし」と「豆苗」と「かいわれ大根」の違い

種子を発芽させたものという点が似ていますが、何の種子なのか、どのように栽培するのかが違います。

種子の種類は、「もやし」は緑豆や大豆など、「豆苗」はえんどう豆、「かいわれ大根」は大根です。

「もやし」は光をあてず、「豆苗」「かいわれ大根」は光を当てます。

まとめ

種子を発芽させたものである点が似ていますが、使用する種子と栽培方法が違います。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典