スポンサーリンク

「炒り卵」と「卵焼き」と「スクランブルエッグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「炒り卵」と「卵焼き」と「スクランブルエッグ」の違い食べ物

この記事では、「炒り卵」「卵焼き」「スクランブルエッグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

おいしい卵料理を探しにいきましょう。

スポンサーリンク

「炒り卵」とは?

炒り卵(いりたまご)とは、卵をフライパンに割りいれて、そぼろ状にした卵料理のこと。

炊き立てのご飯にかけるとおいしい、人気の朝ごはんメニューです。

おいしい炒り卵を作るポイントは、雪平鍋に卵を入れて、数本の菜箸でよくかき混ぜること。

複数の箸で一気にかき混ぜると、ポロポロの卵に仕上がりやすくなります。

金平糖のように小さな粒をしているので、小さなお子さんでも食べやすい料理になっています。

「卵焼き」とは?

卵焼き(たまごやき)とは、四角い形をした厚焼き玉子のこと。

お出汁と卵のやさしい風味が香り立ちます。

卵焼きは専用の卵焼き用フライパンに、溶き卵を少しずつ入れて、じっくり焼いていきます。

またウインナーやネギ、海苔などの具材を入れると、オリジナルの味に仕上がります。

冷めてもおいしいので、お弁当の定番メニューとなっています。

「スクランブルエッグ」とは

スクランブルエッグとは、トロリとした柔らかい卵料理のこと。

オムレツを崩したような、フワフワした食感のメニューです。

もともとはイギリスからやって来たひと皿なので、ホテルの朝食バイキングにもよく出てきます。

スクランブルエッグは溶き卵に塩コショウ、生クリームを加えて焼いていきます。

焼きすぎると食感が悪くなるので、手早く調理することも美味しく仕上げるコツです。

お好みでベーコンやミニトマトを添えると、豪華なワンプレートになります。

「炒り卵」と「卵焼き」と「スクランブルエッグ」の違い

それぞれ卵をつかった、シンプルな料理です。

炒り卵は「炒る」と書きます。

「炒る」には、水分がなくなるまで熱を加えるという訳があります。

そのため水分を飛ばしながら、じっくり焼いた料理が「炒り卵」

菜箸でよくかき混ぜるので、ポロポロとした仕上がりになります。

また卵焼きは、厚みのあるだし巻き卵のこと。

卵の層が細かく分かれ、まるでミルクレープのようです。

そしてスクランブルエッグは、洋風の卵料理。

スクランブルには「さっとかき混ぜる」という訳があります。

そのため長時間じっくり加熱しない、半生状態のたまご料理をスクランブルエッグといいます。

まとめると、雪平鍋でじっくり炒めた卵料理が炒り卵。

卵焼き用のフライパンで、手間暇かけて巻いた卵料理が卵焼き。

フライパンでさっと混ぜ合わせた、洋風の卵料理がスクランブルエッグです。

いずれも卵料理の定番メニューです。

まとめ

「炒り卵」「卵焼き」「スクランブルエッグ」の違いを分かりやすくお伝えしました。

3つとも人気の卵料理です。

炒り卵はそぼろ状にした、フレーク状の卵料理のこと。

卵焼きはぶ厚い、だし巻きの卵料理です。

そしてスクランブルエッグはホテルバイキングに出てくる、オムレツに似たたまご料理です。

食べ物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典