「recently」と「these days」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「recently」と「these days」の違い英語

“recently”“these days”「最近」を意味する英単語ですが、細かいニュアンスや使い方が異なるため使い分ける必要があります。

双方の用法を学習して、英語表現力アップを目指しましょう。

この記事では、“recently”“these days”の違いを分かりやすく説明していきます。

“recently”とは?

“recently”「最近」「この頃」「こんにち」「近頃」「この間」といった意味を持っており、ごく近い過去に起こった出来事について用いられています。

“recently”は副詞に分類され、名詞以外の品詞や文全体を修飾する働きがあります。

“these days”とは?

“these days”は、「これらの」を示す“these”「日々」を表す“days”から成る熟語で、「近頃」「最近」「このごろ」「今どき」「こんにち」などの意味を持ち合わせています。

過去と比較した現在を表現する際に使用するのが一般的です。

“recently”と“these days”の違い

“recently”“these days”は共に「最近」を示す単語ですが、詳細な意味合いや用法に違いがあります。

“recently”「ごく近い過去」に生じた物事に対して使用され、過去形もしくは現在完了形、過去完了形の文章に用いられます。

一方、“these days”「過去と比べての現在」を示す際に使われ、現在形や現在進行形の文章において使用されます。

次に、“recently”“these days”の違いを分かりやすく解説します。

“recently”の例文

“recently”は、「ついこの間」などあまり遠くない「過去」に発生した出来事に対して使います。

基本的に現在形の文章には使わないことを押さえておきましょう。

“I bought a car recently.”(最近車を買った) ・“My grandfather had a surgery for the cataract recently.”(祖父は最近白内障の手術を受けた) ・“He passed the certification exam recently.”(彼は最近資格試験に合格した)

“these days”の例文

“these days”は、「過去と比較した現在」を表現する際に使用します。

あくまでも「現在」のことを述べるため、過去形の文章には用いないのがポイントです。

“I take care of my health these days.”(最近は自分の健康に気をつけている)
“She stops drinking these days.”(彼女はこの頃禁酒している)
“Lots of people can use telemedicine these days.”(最近では沢山の人がオンライン診療を受診できる)

まとめ

“recently”“these days”の使い分けの鍵は、「近い過去」のことを示すのか、「現在」のことを示すのかを把握することです。

両者の文法上の使い方もマスターして、自分の様々な状況を伝える際に活用しましょう。

ぜひ語学勉強の参考にしてください。