「祖先」と「先祖」と「前世」の違いとは?分かりやすく解釈

「祖先」と「先祖」と「前世」の違い生活・教育

この記事では、「祖先」「先祖」「前世」の違いを分かりやすく説明していきます。

「祖先」とは?

「祖先」「そせん」と読みます。

「祖先」には「家系の初代」という意味があります。

自分の父親の父親というように遡っていったとき、初代に来る人を「祖先」と呼ぶことがあります。

次に「祖先」には「家系の先代以前の人々」という意味があります。

現在生きている人よりも前に生きていた、血のつながりのある人々を、まとめて「祖先」と呼びます。

さらに「祖先」には「一族のもと」という意味があります。

例えば、人間を一つの一族と考えれば、人間の最初の一人のことを指します。

「祖先」の言葉の使い方

江戸時代に自分の先代は何をしていたのか、親から聞くことがあるかもしれません。

例えば、武士をしていたと聞かされた場合は、「私の祖先は、江戸時代に武士だったらしい」という文章を作ることができます。

「先祖」とは?

「先祖」「せんぞ」と読みます。

「先祖」には「家系の初代」という意味があります。

また「先祖」には、「その家系に属した過去の人々」という意味があります。

「先祖」の言葉の使い方

自分の家が蕎麦屋を営んでいる時、親も、祖父も、さらにそれ以前の、血のつながりがある人たちが、蕎麦屋を営んでいることを知った時、「先祖代々、蕎麦屋を営んでいる」という文章にできます。

「前世」とは

「前世」「ぜんせ」と読みます。

「前世」には「この世に生まれ出る以前の世」という意味があります。

現在、人としてこの世で暮らしていますが、生まれる前に、同じように人として、または動物や虫として、この世で暮らしていたかもしれません。

このような考えの中で、生まれる前に生きていた世の中のことを「前世」と呼びます。

「前世」の言葉の使い方

自分が生まれ出る以前の世の中では、違う国のお姫様だったのではないかと、考えることがあるかもしれません。

このような時、「前世は、違う国の姫だったはずだ」などという文章にできます。

また、出会ったばかりの人と意気投合するとき、生まれる前から知っているような感覚に陥るかもしれません。

このようなとき、「前世でも会っていた気がする」などと話すかもしれません。

「祖先」と「先祖」と「前世」の違い

「祖先」には「家系の先代以前の人々」という意味があり、「先祖」には、「その家系に属した過去の人々」という意味があります。

ほとんど同じ意味ですが、「祖先」は何世代も前の人々を指すことが多いのに対して、「先祖」は比較的近い人々を指す傾向があります。

また「前世」には、「この世に生まれ出る以前の世」という意味があり、過去に生きたのは、血のつながりのある人ではなく、自分自身になります。

「祖先」「先祖」はほとんど同じ意味がありますが、「前世」は仏教の輪廻転生の世界観が反映した考え方になり、まるで違う意味になります。

まとめ

「祖先」「先祖」「前世」の違いについて見てきました。

3つの言葉の違いを知ることにより、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。